〒810-0021 福岡市中央区今泉2-5-24 権藤ビル2F

西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分地図はこちら
NPO日本歯周病学会歯周病専門医研修施設
電話番号 092-714-4618
診療時間 平日9:30~13:00(受付12:30まで) 15:00~19:00(受付18:30まで) 土曜9:30~13:00(受付12:30まで) 日曜・祝日 休診
診療日については詳しくはカレンダーをご確認下さい

福岡市/中央区/天神/インプラント/審美歯科/歯科/口コミ/評判

審美歯科

医療費控除 医療費の一部が患者様へ戻ってきます。
デジタルグッズ プレゼント HPを見てご来院の方にデジタルグッズをプレゼント(初めての方、初回のみ) 受付時、問診表にご記入下さい。
うるおーら ジェル&リンス

クレジットカード
(保険外診療に限り、一括払いのみ)

取り扱いクレジットカードJCB、VISA、Master、Diners

審美歯科

「審美歯科」という言葉を最近よく耳にします。ではこれはどういうことなのでしょうか?もちろん、治療後の歯の見ための美しさが大事です。しかしそれ以外にも歯ぐきがきれいなピンク色をしているか、噛み合せは問題ないか、歯の根の中はきちんと治療されているか、治療したものが問題なくずっと使っていけるかなど、クリアしなければならない項目はたくさんあります。いわば歯科医の治療技術の集大成ともいうべきものと言えるでしょう。

審美歯科の治療はどの病院でも行っているものですか?
見た目を綺麗にするといった点ではどこでも治療しているでしょう。しかし、一時的な見た目の美しさだけでなく、機能面でも優れ、長く使っていくことが出来るものとなると病院を選ばなくてはいけません。例えば今まで長期間かかった歯並びの矯正が短期間で出来るとなると、そこには必ず無理が生じます(実際には思うように歯が動かなかったり、急ぎ過ぎたために歯の根が溶けたりすることがよくあります)。疑問点を遠慮なく聞き、明確な答えが返ってくるような先生をまず見つけましょう。

歯並びの矯正

歯並びは遺伝による影響が大きく、乱れている場合は手を加えないことには良くなりません。ケースにより治療期間が長くなることがありますが、綺麗な歯並びになることにより、見た目が良くなるだけでなく、手入れがしやすい・良く噛めるなど、口の中の環境が大きく改善されます。

セラミックを用いた治療

奥歯の金属の色が気になる、前歯を保険の治療でしてもらったが、色合いがどうも、という時はセラミック(ポーセレン)を用いた治療が最適です。セラミックは化学的に安定しているため、変化することもなく、また、体にとっても優しい素材です。

セラミックを使うと費用がかかると聞きましたが、どれくらいなのですか?
治療内容によりますが、1本につき5~10万程度です。
もっと安いものはないですか?
今はハイブリッドセラミック(セラミックとプラスチックの間の素材)があり、これならばセラミックに比べて低価格です。しかし、強度の点、色合いの美しさなどでセラミックより劣る部分もあるため、すべての歯において使えるわけではありません。
セラミックはどのくらいもちますか?
セラミック自体は化学的に安定した素材であるため、強い衝撃などで折れたりすることがなければ自分の歯と同様に長く使えます。しかし、歯周病などで歯の支えとなる根の部分が悪くなるとセラミックは悪くならなくても歯自身が抜け落ちることもあります。セラミックを付けてしまえば治療が終わるのではなく、定期的に検診することが大切です。

クリーニング

歯の表面にこびりついた黒い汚れ、これを除去する治療です。歯石は歯と歯ぐきの境目に付きやすいですが、この黒い着色は歯の表面に蓄積するため、専用の器械を用いてジェット水流で洗い流します。歯を削ることなく、きれいに着色を取り除くことが出来ます。この黒い着色はコーヒーやお茶を多く飲む方、喫煙をされる方によく見られます。放置すると見た目に悪いだけでなく、虫歯や歯周病、そして口臭の原因になることもあります。定期的に掃除して、歯を清潔に保つとともに、自分の歯の本来の色合いを取り戻しましょう。

歯石を取るのとはどのように違うのですか?
歯石は歯の主に根元の部分に付いた細菌の塊で、文字通り石のように堅いので、超音波を出す器械で砕きながら取り除いてゆきます。しかし、歯の表面の着色や汚れは、この器械で落とすには不向きなため、別の専用の器械で歯に害のない細かい粒子をジェット水流で吹き付けて落としてゆくのです。思った以上に歯の表面は汚れていることが多いので、この処置のみで歯の色が白くなる方もかなりいます。また、汚れは一旦落としても再び徐々に付いていくので、定期的にクリーニングすることをお勧めします。

ホワイトニング

クリーニングはしたいけれども、もともとの歯の色が黄ばんでいる、褐色などの場合はホワイトニングをお勧めします。昔は歯の色が悪いときは削ってかぶせるなどの方法が採られましたが、虫歯でもない歯を削るのに非常に抵抗がありました。
今では歯の表面に薬剤を塗ることにより、漂白作用で歯の色を白くする方法が開発されました。この治療によりワンランク上の白い歯に変身できます。白い歯で、あなたの好感度もアップするかも。

漂白にはどれくらいの時間がかかりますか?
通常、2週間から1ヶ月くらいですが、変色の度合いにより多少異なります。
どんな歯でも白くなりますか?
残念ながらすべてのケースでという訳にはいかないのが現状です。強度の変色、また、歯の並びも修正したいという方にはセラミックを用いる方法をお勧めします。
歯に安全な薬剤なのですか?
治療をやりすぎると歯がしみるなどの症状が出ることがありますが、医師の管理の元で行えば全く問題ありません。
保険はききますか?
残念ながら特殊な薬剤を用いるために自費の治療になります。治療の程度により費用が変わりますので詳しくはお尋ね下さい。
歯だけでなく、歯ぐきの色も気になるのですが。
黒く変色した歯ぐきを健康的なピンク色にするピーリングという治療法があります。1~2週間程度で治療ができます。

歯のマニキュア

~ブライダルなどの方へ~

結婚式を間近に控えている方や、大事な人との面会・面接など、時間が限られている方にお勧めの方法です。これは、歯を削ることなく、一時的に歯を白くする方法です。ずっと変わらず使えるものではありませんが、2、3週間~2ヶ月程度効果が持続します。

PAGETOP